軽視してはいけない!  リスニング!

投稿日:2020年11月06日

こんにちは。
エクセルシア竹ノ塚校 教室長の阿久津です。
今日はリスニングについて考えてみたいと思います。

 

リスニングに関しては、「なんかノリでイケるでしょ」と軽く考えている人もいると思います。
しかし、最近はリスニング能力も重視されてきています。

大学入試共通テストでも、リスニングが独立して100点分ありますし、今後の英語教育改革でも英語自体大きく変わってきています。
また、多くの学校で定期テストでも20点分くらいリスニングがあります。

ただ、リスニングはどのような対策をしたらいいのか難しい分野です。
NHK基礎英語を聴いたり、通販の英語CDを聴くなどの方法がありますが、ただ漠然と聴いているだけでは意味がありません!

 

そこで、リスニングの対策について少し紹介したいと思います。

1 何を使いのか?
まず、リスニング教材ですが、特にどれが良いとかいけないとはありません。
とりあえず、英文が流れるものであれば、教科書の英文、基礎英語なんでもOK!
実践的な問題を解くという上では、英検のリスニング問題なども有効だと思います。

 

2 リスニング訓練法
リスニングにおいては、英文を聴いて訳せることが重要だと考えている人は多いでしょう。
しかし、訳すことにばかり気を取られて聴いていると、英文そのものを聞き逃してしまいます。リスニングの訓練で重要なのは、訳すことではありません!大切なのは追い読みです。

 

まずは、流れてきた英文を追って読めるかを試してみてください。
CDなどであれば、1文ごとに停止して確認することができるので効果的です。

 

3 テスト対策
リスニングは耳で慣れるものなので、できる限り毎日聴いたほうが良いのですが、なかなかできるものではありません。
そのため、テスト対策としては、集中的に1週間前などまとめてやったほうが効果的です。

 

集中的にやることで耳が英語になれるので本番で聞き取りやすくなります。

 

一般的には、英語の耳を作るとか、英文をそのまま英語で理解すると良いなどと言われています。また、外国人とのTVや電話での会話でリスニングに慣れる方法を取り入れているケースもたくさんあります。
それでもリスニングが苦手な人が多いのはなぜでしょうか?

 

エクセルシア竹ノ塚校では、この点に着目して、英語のプロが独自カリキュラムを作成してリスニング対策を実施しています。

もし、何かわからないことがある方は、エクセルシアへGO!



»

«



竹の塚校に戻る


ページトップに戻る