冬の夜空はサンタクロースとトナカイだけじゃない!!

投稿日:2020年12月20日

こんにちは。
エクセルシア竹ノ塚校 教室長の阿久津です。

 

12月の天体ショーといえば、ふたご座流星群が有名ですが、今年は12月中旬から下旬にかけて約400年ぶりの「土星と木星の大接近」が見られます!

 

公転周期が約12年の木星と、約30年の土星は20年に一度、同じ方向に並ぶ「会合」という接近状態になります。
ただ、土星と木星の公転軌道がわずかに傾いているせいで上下方向にずれるため、「会合」のたびに大接近するわけではありません。新月のたびに日食が起きないのと似ていますね。

 

かなり明るい(土星が0.6等、木星が-2.0等)ですから、肉眼でも十分観られますが、双眼鏡をお持ちの方は双眼鏡で観るのもいいと思います。
望遠鏡で観察する人は低倍率で観ると土星と木星が同じ視野で見られることでしょう。

 

観測可能な大接近は約800年ぶり!
最接近する21日夜から22日未明にかけては、望遠鏡を使えば土星と木星だけでなく、木星の衛星ガリレオも同じ視野で見ることができます。これほどの大接近は1623年以来。1623年とは、まさにガリレオ・ガリレイの時代です。

 

これはぜひ見たいですね!!

 

 

私たちが一番接近した状態を見られるのは、21日と22日の日没直後になります。
日没後1時間から1時間半ぐらいの間に南西の空の低い位置に観られます。

 

21日は、東側が土星で西側が木星です。

 

両者は12月22日3時17分に最も近づきその後は土星と木星の位置が入れ替わり東に木星、西に土星となります。

 

次の大接近は60年後になるので、寒さ対策を万全に遠きガリレオに思いを馳せながら、冬の天体ショーをお楽しみください!

 

60年後!
私はとっくにお星様になっています!



«



竹の塚校に戻る


ページトップに戻る