成績を効率よく上げていくには、○○が必要です

投稿日:2020年07月13日

エクセルシア西大島校の副教室長の皆川です。

エクセルシア西大島校のブログを訪問していただきありがとうございます。

今日は、成績を上げるには何が必要か、について書いてみたいと思います。

生徒さんたちが成績を上げていくために、最も重要だと考えていることは、

1. 目標を具体的にすること

2. 目標を実現するために、どれくらいの勉強時間が確保できるのかを知ること

であると考えています。

例えば、「すべての科目を80点以上にする」のか「〇〇高校に合格する」のかを明確にする必要があります。これはすぐに設定できると思います。

ここでもう一つ重要なのが、

「期限を設ける」

ということです。高校受験大学受験であれば、当然、入試の日時は決まっていますから期限が決まってきますが、まだ受験まで時間がある生徒さんでしたら、はっきりと期限を決めるとよいと思います。最も一般的なのは「次の定期テストで〇〇点を取る」ですね。

目標が決まったら、次は「時間管理」です。

中高生くらいですと、これが意外と難しいかもしれません。

勉強あるあるでいうと、いざ、計画を立てるまではよかったのですが、テスト期間を終えたら全く計画通りに進まなかった、なんてよくありますよね。こんな問題を解消する方法があります。それは、

「手帳」に記録する

です。最初のうちは手帳にその日に進めることができた科目とページ数などを記入していくと、次第に自分がどれくらい学習量をこなせるかがわかってきます。分かってきたら、大雑把にテスト日から逆算して一日ずつその日にやるべきノルマを当てはめていきます。手帳には勉強以外に習い事や部活の予定を記入しておきます。すると、確保できる勉強時間が出てきますよね。勉強のための時間がどれくらい確保できるのかを視覚化することが非常に重要です。

最後に、もう一つ重要なポイントを付け加えておきます。それは、

「テスト前日にどんな状態になっていたらその目標が達成することができるか」をはっきりイメージしながら勉強していくことです。私はこれを「完成のイメージ」と呼んでいます。

例えば、問題集のすべての問題がスラスラ解けるレベル、なのか、あるいは、標準的な問題を完璧にして発展問題は5割程度でよいのかをできるだけ具体的に目標設定することです。その具体的な目標は手帳に目立つように書いておきます。

なかなか中高生で時間管理などをしっかりしていくことはハードルが高いかもしれませんが、社会人になってからも必要になるスキルですので、今のうちから練習しておくと、ライバルにも差をつけられますよ!

また、勉強方法について役立つ情報を書いていこうと思っています。

 

まとめ

1 期限をつけて目標を明確にする

2 手帳に学習記録を記入し、自分の学習スピードなどを知る

3 勉強時間がどれくらい確保できるのか手帳を使って視覚化する

4 テスト前日の「完成イメージ」を持つ

 

皆様、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

エクセルシア西大島校 副教室長 皆川 英喜



«



西大島校に戻る


ページトップに戻る