消費税の増税について

投稿日:2019年10月04日

江東区北砂地区・西大島駅周辺で塾をお探しの保護者様こんばんは。

エクセルシア西大島校の副教室長の江川です。

 

10月に入り、多くの商品の消費税が8%から10%に上がりましたね。

季節も冬に変わり始め、気温も懐も寒くなってきました…..

 

ところで皆様は今回の増税の目的はご存じでしょうか?

皆様のお財布から消費税として旅立っていくお金が

何のために増え、何のために使われるのか

知識として今回は皆様に簡単に説明させて頂きます。

 

日本は現在、少子高齢化により

働ける”現役世代の減少””高齢者の増加”という

大きな問題を抱えています。

 

 

現役世代の減少は税金や社会保険料などの国の収入を減らし、

高齢者の増加は医療費や年金などの社会保障費を増大させます。

この増え続ける社会保障費の財源を確保することが

消費税増税が行われる目的の一つです。

所得税や法人税の増税を行うことでも税収を増やすことは出来ますが、

それでは現役世代に集中して負担をかけてしまうことになるので、

高齢者を含めた国民全体で広く負担する消費税が相応しいとされ、

今回、消費税が増税されました。

 

ちなみに消費税を8%から10%に増税することにより増える税収は、

約5.6兆円と見込まれており、

その使い道は約2.8兆円が国債の返済1.7兆円が教育や子育ての充実約1兆円が社会保障の充実

充てられると言われています。

幼児教育のために使われる額は全体の3割となっており、

国債の返済の次に重点が置かれていることが分かりますね。

具体的には幼稚園や保育園の保育料無償化で、

全世帯の3~5歳(低所得世帯は0~2歳)の保育料が無料になります。

子育て世代の人にとっては非常に助かる政策であり、

この少子高齢化に歯止めをかける策としても、

考えられた政策が今回の消費税増税だったのですね。

 

最後になりましたが、エクセルシアでも消費税増税に伴い

10月分の授業料(9月27日引落分)から税率が8%から10%に引き上げられました。

増税分、少し高く感じるかもしれませんが、

そのお金も教育や社会保障費として自身に還元されると

考えれば少しは気が楽になりますね。

 



»

«



トップページに戻る


ページトップに戻る
single.php